Featured Article
クラウド · 5分で読める

ビジネスニーズに応えるクラウドアーキテクチャの構築方法

プライベートクラウドにより業務の加速化を図りたいのであれば、人が関与することによる遅延を可能なかぎりプロセスから取り除くことが不可欠です。テスラ社CEO イーロン・マスク氏は次のように言っています。「生産ラインに人を配置すべきではありません。人がそのスピードを落としてしまうからです」 インフラを再利用可能なリソースプールとして取り扱い、セルフサービスやインテリジェントな自動化のメリットを、最大限活用することが重要です。

Latest Articles

事業戦略 · 5分で読める

クラウド移行の費用対効果:収支はバランスとれているか

パブリッククラウドでのSasSの導入率はすでに90%と高い値となっています。一方、77%近くの企業がプライベートクラウド・プラットフォームを、またハイブリッドクラウドを利用している企業も71%あります。オンプレミス機器を使用した場合と比べて、業務の効率化、コスト削減、リーチの拡大といった効果が得られていることを示す証拠を、どの企業もまだつかんではいないのです。この記事では、指標の構築、比較モデルの作成、ステイクホルダーが理解できるようにデータを分析する方法を考察します。

アプリケーションの可用性、完全性、機密性をいかに確保するか

40年間、ソフトウェアは進化を続けてきました。メインフレーム時代、ユーザは大規模マルチユーザシステム上で一元的に格納されたプログラムにアクセスしていました。1990年代に入ると、市販のアプリケーションをローカルにインストール、更新を行うというのが一般的になりました。

情報セキュリティ担当者は取締役会で何を伝えるべきか

もしあなたが、最高情報セキュリティ責任者(CISO)であるならば、企業セキュリティの状態について取締役会に報告するのは、あなたの仕事です。取締役会での説明は、非常に重要であり、企業のセキュリティ、評判、経営状態について正確に伝えられるかどうかはすべてあなたの手腕にかかっています。現在直面しているビジネスリスクとその緩和策について、取締役に知ってもらう必要があります。しかし、取締役員時間――そして集中力――は限られています。要領を得て説明をする必要があります。

The State of Application Delivery 2017: Security with a High Probability of Cloud

Get the Report