クラウド

アプリケーションをクラウドに移行することを計画しているのであれば、変革には必ず伴うアーキテクチャと組織自体の大規模な変更について心配になるのも当然です。既にこの段階にいるなら、さらにクラウドに拡張すべきか、それをどのように行うべきかを決定しなければなりません。パブリック クラウドとプライベート クラウドのどちらにもメリットがあります。さまざまなオプションを慎重に検討した後は、組織に適した選択に自信を持ちましょう。

クラウド · 5分で読める

ビジネスニーズに応えるクラウドアーキテクチャの構築方法

プライベートクラウドにより業務の加速化を図りたいのであれば、人が関与することによる遅延を可能なかぎりプロセスから取り除くことが不可欠です。テスラ社CEO イーロン・マスク氏は次のように言っています。「生産ラインに人を配置すべきではありません。人がそのスピードを落としてしまうからです」 インフラを再利用可能なリソースプールとして取り扱い、セルフサービスやインテリジェントな自動化のメリットを、最大限活用することが重要です。

予測できない課題への対応が迫られるプライベートクラウド戦略

プライベートクラウドへの移行は、大きなチャンスをもたらすと同時に、リスクも伴います。一方、多くの企業が、その採用を進めています。実際、F5が主催した最近の調査によると、プライベートクラウドはクラウド投資の第1位につけており、39%の企業が12カ月以内にプライベートクラウド技術への投資を行う計画を立てています。

クラウドの4つの死角

自動車ドライバーが死角を意識するのと同じように、クラウドへの移行でもいくつかの死角について確認しておく必要があります。クラウド移行においては、アジリティ、設備投資の削減、効率化、生産性の向上といクラウドによってもたらされる効果にばかり注目し、多くのCIOは、危険を見逃してしまるのが現状です。以下、4つの死角を見て行きましょう。

クラウドのためのアーキテクチャを考える6つのステップ

ITアーキテクチャは複雑である――この現実から目をそらすことはできません。クラウドへの移行を検討しているのであれば、アーキテクチャ、そして組織で必要となる多くの変更について懸念するのは当然のことです。