セキュリティ

今日では、アプリこそがビジネスです。アプリは、複雑で絶えず変化する脅威に囲まれた状況で実行されるため、ユーザ、データ、およびレピュテーションを保護できるように安全を維持しなければなりません。パブリック クラウド内であろうとプライベート データ センター内であろうと、アプリに関係する主要なリスクから保護するためには、アプリを攻撃対象とするものの存在とリスクが潜む場所についての理解を深め、変化し続ける攻撃対象について常に最新情報を把握することが重要です。

アプリケーションの可用性、完全性、機密性をいかに確保するか

40年間、ソフトウェアは進化を続けてきました。メインフレーム時代、ユーザは大規模マルチユーザシステム上で一元的に格納されたプログラムにアクセスしていました。1990年代に入ると、市販のアプリケーションをローカルにインストール、更新を行うというのが一般的になりました。

セキュアなクラウド。そのために知っておくべきこと

ほとんどすべての企業でクラウド化が進められています。計画的に行っている場合もあれば、従業員が未承認のクラウドサービスを採用しているとの理由から移行に踏み切ったケースもあるようです。大半が業務の高率化のためにクラウドサービスを採用していますが、セキュリティについて考慮されておらず、このことがビジネス管理の懸念事項となっています。